目頭切開でパッチリお目目|憧れフェイスになれる施術

レディー

目頭と蒙古ひだ

眼

蒙古ひだがあると、目が小さく見えたり、左右の目の距離が開いているように見えたりします。しかしこれは、目頭切開によって解消することができます。ただし年をとると、蒙古ひだがあることで若々しく見えるようになるので、現在では、蒙古ひだを切り取らずに縫い縮めるという方法での目頭切開の需要が高まっています。

目元の美容整形

ナース

神戸の美容皮膚科では、埋没法による二重術で美しい目元にすることができる。埋没法はメスを使わないため傷跡が残らず、費用も安いことがメリットである。最近は、埋没法による二重術で二重まぶたにする男性が増えている。

脱毛の施術

女医

神戸に住んでいる人が、高い安全性が保証された脱毛施術を受けたいと希望しているのであれば、美容皮膚科クリニックで医療レーザー脱毛を受けるようにするとよいです。医療レーザーはとてもパワーが強いため、脱毛施術が早く完了します。

目元の治療

眼

目元治療の今後

従来、美容外科クリニックで行われる目元治療といえば、一重まぶたを二重にする治療が中心になっていました。一昔前までは、目元治療に関しては二重整形手術以外は行っていないという美容外科クリニックが多くなっていたのですが、近年になりその状況が少しずつ変わってきています。なぜかというと、単に一重まぶたを二重にしただけでは、理想的な目元になれないケースが多いということがわかってきたためです。一重まぶたのコンプレックスを長く抱き続けてきた人からすると、一重まぶたが二重になるだけで大満足してしまうのが普通です。しかし、客観的に見ると、本当の意味での美しさとは程遠い状態になってしまっているケースがしばしばあります。そのため、最近では、目全体のバランスを考えて、二重整形手術以外の目元手術も同時に行うケースが増加してきています。患者が求める美の水準が年々高くなってきていますので、今後はこの傾向がさらに強まるだろうと予想されています。

ヒラメ顔の治療

左右の目と目の間隔が大きく開きすぎている人が二重整形手術を受けた場合、何とも間の抜けた印象に仕上がってしまう可能性が高いです。目と目の間が大きく開いたままで目の縦方向の寸法だけが大きくなってしまいますので、ヒラメ顔に拍車がかかってしまいます。そのような状態になってしまいたくないと考えているのであれば、二重整形手術を受ける際に目頭切開も一緒に行ってもらうようにするとよいです。目頭切開というのは、目頭部分にある薄いヒダのような皮膚をメスで切開する手術のことです。この目頭切開を受けると左右の目の間隔を狭くすることができるため、キリッとしたクールな印象の目元にすることができます。また、目頭切開の量を調節することによって、目全体のバランスを美しく整えることができるようになります。ただし、目頭切開をやりすぎると目の粘膜が露出しすぎてしまいますので、切開する量については慎重に検討してみる必要があります。